悩んでいる人が実は多い尿漏れ|対策方法は色々とある

性病の診断

聴診器

性病の発見と診断

昔は治療のすべがなく、治らない病気とされていた梅毒ですが、現在はペニシリンによる治療が出来るようになりました。早期発見で完治も可能ですので症状が見られた際、自分が梅毒に感染しているのか早めに検査した方がいいでしょう。梅毒などの性病は色々な方法で検診ができます。病院で診てもらう場合は皮膚科、性病科、泌尿器科(男性)、婦人科(女性)で診てもらいましょう。全国の保健所や自治体の施設で検査することもできますから、住んでいる地域の保健所や自治体のホームページなどにに問い合わせてみるのもいいでしょう。デリケートな検査なのでプライバシーを気にする方には郵送の検診キッドもあります。それぞれ自分に合った方法で検査しましょう。

検診方法と特徴

梅毒の検診方法は大きく分けて3つ(病院、保健所、検査キッド)ありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。病院での検診ですと、病気が発覚した場合はそのまま治療に進めます。しかし、検査料金に診察料金(初診の場合は初診料金も)と費用がかなりかかります。梅毒など性病の検査は項目によっては保険適用外の項目もありますから目安としては1回で2〜3万ほどかかる場合もあります。それに比べて保健所や自治体は無料で行ってくれますが、毎日というわけではなく、地域によって週1回だったり月1回だったりするので発見が遅くなります。検査キッドの場合、費用は検査料金と郵送料金で済みますし、プライバシーを特に気にされている方には自宅でできます。項目は取り扱いの会社によって違いますので事前に確認しましょう。